膀胱炎市販薬

膀胱炎の薬のランキングをネットで調べてみました。

私は膀胱炎になりやすいので、みんなは膀胱炎にかかったときにどんな薬、サプリメントで治しているのかインターネットでアンケートをとってみました。

 

1位 クラビット(抗生物質)

 

2位 フロモックス(抗生物質) フロモックスの購入先はこちら

 

3位 腎仙散(じんせんさん)

 

4位 五淋散(ごりんさん)

 

5位 クランベリーサプリメント

 

6位 猪苓湯(ちょれいとう)

 

※使っている方のランキングであって、効果がある無いのランキングではありません。
 軽い膀胱炎の場合はクランベリーのサプリメントで効くこともありますが、重度の膀胱炎ではサプリメントでは効きません。
 違和感を感じたら、早めに病院に行くことをおすすめします。
 何回も再発されて、慣れている方は自分にあった治療で治療してください。

 

膀胱炎に効く処方薬、市販薬、サプリメント

膀胱炎にかかって病院に行ったとき一番多く処方されるのが抗生物質のクラビットです。

 

次に処方されるのが抗生物質のフロモックスです。

 

中には漢方薬を処方する先生もいるようですが、ほとんどの場合、処方されるのはクラビットがです。

 

だいたいクラビットという錠剤を1日3回、5日分出してもらっています。割と早く効果がでるようです。

 

フロモックスはクラビットより効き目がまろやかのようですが、フロモックスもクラビットと同様に効果があるようです。

 

病院に行けない方、病院に行く程度痛みでは無い方には漢方薬が市販されています。

 

腎仙散(じんせんさん)

 

腎仙散

 

小林製薬のボーコレン、猪苓湯(ちょれいとう)などが販売されています。

 

ボーコレン

 

膀胱炎の初期の場合やちょっと違和感を感じた程度なら、クランベリーのサプリメントで治す方もいるようです。

 

値段が安いDHCのクランベリーサプリメントが人気です。

 

クラビットは海外からの個人輸入で購入することができます。

 

ジェネリック品が250mgで100錠で3104円(送料込み) ※為替で価格が変動するので、購入サイトで最新の価格を確認してください。

 

初診料、診察代、薬代等を考えると格安で入手することができるので、膀胱炎がよく再発する方は常備薬として入手しておいたらいいと思います。

 

私も年に数回、膀胱炎かなと思うことがあります。

 

以前は市販薬を早めに服用して治していましたが、今は、海外からクラビットのジェネリック品を格安で購入して、これを常備薬にしています。

 

実際購入するとこんな箱に入って、注文から一週間ぐらいでとどきました。
クラビットジェネリック梱包箱

 

箱の中には10シート100錠入っています。
クラビットジェネリック箱の中

 

シートは10錠入っています。
クラビットジェネリックシート

 

普通のクラビットと同じで1回に2錠(500mg)服用しました。

 

>>クラビットジェネリックの購入や口コミはこちら

 




 

クラビットを購入するならジェネリックが安い

処方薬のクラビットは海外から個人輸入することができます。

 

海外からの個人輸入は保険が利かないので薬代は割高になります。

 

しかし、病院で処方してもらう場合は

 

1、膀胱炎にかからないと処方してもらえない。

 

2、薬代以外に診察代などがかかる。(場合によっては交通費も)

 

3、病院で待ったり、薬局でまたされる。(半日はつぶれる)

 

などを考えると、5分ぐらいで購入できる個人輸入は便利かなと思います。

 

とは言っても、少しでも安く購入したいので、ジェネリック品がいいかと思います。

 

医薬品の個人輸入代行会社のオオサカ堂の場合、

 

クラビットは20錠が4218円(送料込み、為替によって価格は変化します。)

 

それに対して、クラビットジェネリック(レボクイン)は100錠で3,107円(送料込み、価格は為替によって変化します。)

 

値段的にはジェネリック品(レボクイン)が安いです。

 

>>クラビットの購入はこちら

 

>>クラビットジェネリックの購入はこちら