産後に膀胱炎になり授乳を中止しました。

わたしは随分前なのですが、子供を出産した時のことです。

出産の後で分かったのですが増血剤が必要な出産でした。

その影響から、病院から退院して1週間で尿の異変に気付きトイレで痛みもありました。

産後1週間で病院の仕事をしていたため、最初に病院の産婦人科に受診しました。

尿検査をしたのですが、膀胱炎ということが分かりました。

薬は抗生剤だったのですが、授乳に影響が出るとのことだったので、

抗生剤を服用する際に授乳は中断しました。

構成をを服用する機関は1週間程と聞いていたのですが、仕事を休むこともできなかったので、服用は1日1回の強いペニシリン系の薬を飲んでいました。

朝、抗生剤を飲むことで眠気はあったのですが、3日ほどで痛みが引けてきたので、再度病院に受診したところ、最初の受診から1週間経ってから授乳を開始(再開)していいとのことでした。

抗生剤の服用は終わりで良かったのですが、膀胱炎の痛みが酷い場合は1週間休むようにもいわれていたため、かなり我慢して半日だけ仕事をしていました。

授乳で気ない間は搾乳しか方法がなかった為、

ミルクで対応していました。

母乳がかなり出るタイプだったので、膀胱炎の痛みもですが、搾乳していないといけない痛みで苦しかったです。

後のやはり乳腺炎になるほどでした。

注意が必要なのは、

産後の膀胱炎は病院に必ず受診した方がいいこと、

薬(抗生剤)の種類は多数ありますから、

受診してから授乳は止めるべきということが分かりました。

子供の母乳が欲しがっている時でも、そこは我慢が必要なことや、再診して結果を聞いてから授乳は再開するべきだと思いました。

膀胱炎になったことはトイレでの痛みや発熱もありますが、無理はしてはいけないこともよく分かりました。

膀胱炎は慢性になり、長く続くこともあるので、市販の薬を試すより病院に受診した方が検査も薬も安定していいのだと思いした。

(長野県 まいむさん)




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ