「膀胱炎」の記事一覧(2 / 5ページ)

膀胱炎は何科?膀胱炎の検査方法は

女性がなる病気の1つに「膀胱炎」があります。

膀胱炎の症状としては、頻尿や排尿時の痛みに残尿感などが主な特徴です。

私は現在40代主婦ですが、若い頃から度々膀胱炎になっていました。

当時は排尿時と排尿後の強い痛みが起こり、その原因のほとんどはトイレを我慢してしまったことでした。

そして、母と一緒に行きつけの内科に行っては、抗生剤を処方してもらったものです。

しかし最近では、排尿時の痛みはないものの、頻尿と残尿感がひどくなることがあるため、病院で検査をすることが多々あります。

膀胱炎は何科に行けばいいの?

そこで、膀胱炎の疑いがある場合、どこの病院の何科に受診するかご存知ですか。

本来は泌尿器科に行かれるのが一番いいようです。

しかし、泌尿器科といれば、男性というイメージがあるので、大体の方は、総合的に診察して頂ける「内科」に行かれる場合も多いかと思います。

「産婦人科」でも診察して頂けます。

ちなみに私の場合は、女医さんがいらっしゃる泌尿器科が近所にあるので、こちらの病院で診察してもらっています。

子供や乳児の膀胱炎は何科に行けばいいの?

子供や乳児の場合も泌尿器科に行くのがいいようですが、小児科に行かれる方が多いかもしれません。

小児科でも問題なく、診察、治療をしていただけます。

膀胱炎の検査方法

そして、膀胱炎の検査方法は『問診』と「尿検査」になります。

私は毎度のことですし、先生も良くわかって下さっているので、診察室に入るなり「先生、また膀胱が・・・」と口を開くと、すぐに尿検査用の紙コップを渡されます。

初めての方はの場合はいつから、どのような症状(痛み方、場所)、残尿感の有無などを聞かれます。

トイレを我慢していなかったとか、体を冷やしてなかった、ストレスは無かったか、睡眠は十分にとっているかとか聞かれるかもしれません。

また、以前、膀胱炎にかかったことがあるか、その時にどんな薬を飲んだのか聞かれるかもしれません。

尿検査では、すぐに原因菌が特定でき、時間はほとんどかかりません。

そして、

採尿して細菌が検出された場合は、抗生物質を処方して頂きます。

逆に、

細菌が検出されなかった場合は、更年期の膀胱炎や間質性膀胱炎の可能性もあるといいます。

そういった場合は、お腹を温める漢方薬やストレスなど精神を安定させるお薬などを処方される場合もあります。

漢方は良しとしまして、精神を安定させる薬?と思われるかもしれません。

要するに精神安定剤ということです。

何だか受け入れにくい名前かもしれませんが、近年では膀胱炎のみならず、片頭痛や緊張型頭痛の症状にも精神安定剤を処方される時代ですので、どうぞご安心下さい。

今のご時世、何かとストレスや疲れもたまりやすいものです。

いずれにしろ膀胱炎の予防には日頃から水分補給を意識的におこない、トイレは我慢せず早めに行くよう心掛けることが大切です。

(神奈川県 みけみけママさん)

【お勧め記事】急性膀胱炎に対処するために抗生物質を入手して常備薬として持っています。




膀胱炎に効くロキソニンを格安で購入するには楽天のメール便

最初に言っておきますが、ロキソニンは膀胱炎に効くと言っても、膀胱炎が治るわけではありません。

ロキソニンは消炎鎮痛剤で、膀胱炎で病院に行った時に痛みどめとして処方されることがあります。

膀胱炎の治療に処方される抗生剤(抗生物質)は膀胱炎の原因菌をやっつける薬で、痛みを抑えてくれません。

そこで、膀胱炎の痛みを抑えるために消炎鎮痛剤のロキソニンが処方されることがあます。

このロキソニンは市販もされています。

薬の名前はロキソニンS。このロキソニンとロキソニンS成分は同じで、効果も同じです。

ユーザーの中には医薬品の方のロキソニンの方が良く効くとか、

ロキソニンSはパッケージに早く効くと書いているので、ロキソニンSはロキソニンより早く効くという方がいますが、これらは完全にブラセボ効果だと思います。

このロキソニンSを安く買う方法を調べてみました。

いままで医薬品を安く買う方法として、定番の方法は海外の個人輸入で安く買う方法がありました。

しかし、ネットで調べたら、海外の個人輸入より、

ロキソニンジェネリックを安売りしている店で購入する。方が安く買えます。

例えば楽天を見てみると

ロキソプロフェン錠(ロキソニンジェネリック)が12錠で265円(税別)、287円(税込)で買えます。

1錠あたり約24円で買えます。

送料もゆうメール(メール便)で80円で送ってもらうことができます。

これに対して海外からの個人輸入で購入する場合、

日本版のロキソニンが100錠で5630円(1錠あたり56円)

>>日本版のロキソニンの購入はこちら

海外版のロキソニンが20錠で1686円(1錠あたり80円)、100錠で5174円(1錠あたり52円)

>>海外版のロキソニンの購入はこちら

楽天でロキソプロフェン錠を買うより高くなります。

軽い膀胱炎がドクダミ茶で治りました

この記事は、わたしが軽い膀胱炎ドクダミ茶で治した時の体験談です。

わたしは40代の主婦、アルバイトをしています。

私は夏前頃に、軽い膀胱炎にかかりました。

実は、昨年も夏すぎに、もしかしたら軽い膀胱炎かもしれないと思った記憶があります。

そのときは3日~4日程度で気にならなくなったので、すっかり忘れていました。

でも、先月頃から、

どうもこれは膀胱炎になりかかっているかもしれないと思ったのです。

春から夏前にかけて、事務所でデスクワークの仕事をしていたのですが、足下が冷えるなあと感じていました。

そして、初夏になるとかなり暑くなってきたので、事務所はすごくクーラーで常に冷えた状態でした。

その事務所は、スタッフが出払ってしまうことが多く、電話も良くかかってくるので、私は電話番も兼ねていたし、パソコンでの仕事はいろいろとやっかいで時間がかかり、冷えるのにトイレに行く回数はかなり少なかったのです。

ガマンしてトイレに行かずに事務所内に張り付いていたというような状況もありました。

そんな数日の末、トイレにいってもへんに残尿感があり、常に下半身や足が冷えて辛い感じがありました。

なんとなく、いつも膀胱のあたりが気になる感じは、これは膀胱炎かもと思い当たる感じだったのです。

というのも、ちょうどこの前、私の叔母と会った時に、叔母さんも私と同じ歳の頃に仕事をしていて膀胱炎になったから、気をつけてねと言われたところだったのです。

私の叔母はずっとキャリアウーマンで仕事をしてきましたが、ほとんどがデスクワークだったようで、事務所の中にいるとなかなか自分のタイミングでトイレへ行けないし、運動不足になったり、冷房がきつすぎたりで身体の調節機能が変になる…という中で、膀胱炎になってしまったというのです。

ドクダミ茶を温めて飲むと膀胱炎に効く

でも、叔母さんは幸い、初期で異変に気づき、会社帰りで寄った薬局で相談して、薬も何か買ったかもしれませんが、

ドクダミ茶を温めて飲むことを教えてもらったということでした。

そして、ドクダミ茶は身体に良いという話は、私もよく耳にしていたのです。

ドクダミ茶は、もちろん、きっと膀胱炎にも効果があると私も直感的に感じたのです。

私の実家の庭に、5月6月になると、たくさんのドクダミが自生します。

実家の庭の中なので、綺麗ですし、もちろん無農薬です。

ドクダミが白い花が咲く頃に収穫して、私は自家製のドクダミ茶を毎年作っているのです。

普段はついつい、事務所でコーヒーばかり飲んでしまうのですが、自家製のドクダミ茶に変えようと思いました。

叔母さんの情報はとても良いタイミングでしたし、第一、私はあまり薬を飲みたくない方針なのです。

ドクダミは漢方薬ですから、きっと良いと思うし、コーヒーからドクダミ茶に変えることや、ホットで飲んで身体を温めることで、きっと良いだろうと感じました。

ドラッグストアでいろいろと売っているドクダミ茶も気になっていたのですが、まずは自分のお手製のドクダミ茶を集中的に飲むことにしました。

ドクダミ茶は、実家で収穫して、よく洗い、まる5日間、風通しの良いところで干したものです。

お茶パックに最初に全量を小分けして作り、冷蔵庫で保存します。

1リットルのボトル2本は一日分として作り、そのまま温めて飲んだり、ミントティーやカモミールティーなどとブレンドしたりもしました。

ドクダミ茶だけですと、ちょっと生臭いというか、ドクダミのニオイが気になりますが、これは逆に濃いめに出した方が、私は気にならずにストレートで飲めます。

そして1ヶ月近くはドクダミ茶を飲んでいて、お腹が常にドクダミ茶で温まっているようにして、トイレもガマンをしないように気をつけつつ過ごしました。

膀胱炎は自然と治癒してきました。

ドクダミ茶を自分で作るのが大変という方はお店や通販で買うことができます。

(東京都 スワンさん)




市販されていないタリビッドが通販で買える!

抗生物質のタリビッドは市販されていないので、薬局やドラッグストアで買うことはできません。
それに、楽天やAmazonでも購入することはできません。
そこで、海外の個人輸入代行サイト(オオサカ堂)から通販で買っています。

買ったのは値段が安いタリビッドのジェネリック品です。
値段は100mgが100錠入って3601円(送料込)で販売していました。
香港からの発送で1週間ぐらいで届きました。

商品名:タリビッドジェネリック100mg(Oflox-100 DT) 【1箱100錠】
有効成分:オフロキサシン100mg
服用方法:オフロキサシンとして1日300~600mg(3~6錠)を2~3回に分割して飲む総です。
製造会社:Cipla(シプラ)

>>タリビッドジェネリックが購入できる通販サイトはこちら

タリビットジェリックの購入者の口コミ

・膀胱炎になったら必ず服用しています。この薬は即効性があるので助かっています。

・膀胱炎のような症状がでたので服用しました。

・扁桃腺炎によく効きます。なかなか病院に行く時間がないので、とても助かっています。

・風邪をひいた時にタリビッドが処方されmさいた。病院に行けない時があるので、通販で購入して常備しています。




市販されていないクラリスロマイシンが通販で買える

クラリスロマイシンは市販されていないので、近所の薬局やドラッグストアなどで購入できないし、楽天やアマゾンのような通販サイトでも購入できません。

そこで、調べていたら、海外の個人輸入代行サイトから購入できることが分かりました。

おすすめの個人輸入代行サイトはオオサカ堂です。

おすすめの理由は

1、値段が他社より安いこと(わたしが調べた中で最安値)

2、口コミが多くて参考になること。

3、20年もやっていて実績があることです。

クラリスロマイシンジェネリックはこんな薬です。

クラリスロマイシン(クラリスジェネリック)
1,025円 〜 4.6 ( 242件のレビュー )
この商品のタグ:クラリスロマイシン 感染症 カリシン マクロライド カリチン
◆商品の注文

商品名:クラリスロマイシンジェネリック(製品名:Synclar)250mg 【1箱4錠】
発送方法:国際書留郵便
発送場所;シンガポール
販売価格:1箱 1,025円 ($9.00)
     3箱 1,652円 ($14.50)
     5箱 2,393円 ($21.00)
     10箱 3,647円 ($32.00)
     20箱 5,926円 ($52.00)

>>クラリスジェネリックが購入できる通販サイトはこちら




クラリスロマイシンの購入者の口コミ

・猫の慢性の鼻炎のために購入しました。

・副鼻腔炎の治療のために購入しました。

・クラリスロマイシンがあれば安心するのでストックのため購入です。

・咳と扁桃腺の腫れに購入したmした。特に副作用はありませんでした。

・歯槽膿漏で歯が痛む時に服用しています。病院に行っても結局抗生物質を処方されるだけなので、ネットで買えば、病院に行く必要が無くなり便利です。




繰り返す膀胱炎が五淋散(ゴリンサン)で治りました。

五淋散を服用するようになった理由~抗生物質が効かなくなった

わたしは数年前に初めて膀胱炎になりました。

それまでは一度も膀胱炎になった事がなかったのですが、痛みがものすごく辛いし遂には血尿まで出たので焦ってかかりつけの病院に行きました。

そして、抗生物質(クラビット)を処方してもらったのでとりあえずは膀胱炎の症状が快方に向かって落ち着きました。

しかし、

膀胱炎は再発しやすいから気をつけるように

と言われた通り、その後の私は頻繁に膀胱炎になるようになってしまったんです。

あそこ不潔にならないように、

なるべくストレスをためないように、リラックスをとしていても駄目でした。

それで、再発の度に毎回病院にお世話になって抗生物質を処方して貰っていたら段々とあまり

効果がなくなってしまったのです。

あまり抗生物質を使い過ぎると良くないとは知っていたのですが、ショックを受けました。

このままだともっと強い薬を使うしかないと言われて困りました。

薬は本来ならあまり飲みたくないのです。

再発する膀胱炎の予防に五淋散を紹介してもらう!

そこで、値段が高いイメージがあるからと敬遠していたものの、体質改善につながる希望のある漢方薬を試してみたくなりました。

運良く近所に漢方薬を扱っている薬局があったので相談しました。

すると、私は比較的体力がない方で虚弱体質、水の巡りが悪い冷え性タイプだからとお勧めされた漢方薬が、

五淋散でした。

とりあえずあまり焦らずに数ヶ月、五淋散の服用を続けて下さいと言われて、五淋散を3ヶ月ほど続けたら膀胱炎の再発は起こらなくなりました。

もちろん、膀胱炎になりそうな感じのある時には温かい水分を少しずつ飲み続けたり、ひたすらゆっくりのんびりと過ごしたりして気をつけたりもしました。

とにかく、病院にお世話にならなくてはと思うほど悪化しなかったのです。

また良く手足が冷えて自分でもびっくりするくらいの冷たさを感じていたのに、そこも効果を感じたのです。

五淋散は体を温める作用があるというので納得しました。

五淋散とは

五淋散の成分(11種類の生薬)
・黄芩(オウゴン)  利尿作用 消炎・解熱・鎮静作用
・茯苓(ブクリョウ)  消炎作用・利尿作用
・沢瀉(タクシャ) 消炎作用・利尿作用
・車前子(シャゼンシ) 消炎作用・利尿作用
・芍薬(シャクヤク) 鎮痙・鎮痛効果(排尿痛を緩解)
・甘草(カンゾウ) 鎮痙・鎮痛効果(排尿痛を緩解)
・地黄(ジオウ) 清熱涼血・止血
・当帰(トウキ) 鎮痙・鎮痛効果(排尿痛を緩解)
・木通(モクツウ) 消炎作用・利尿作用
・山梔子(サンシシ) 消炎・解熱・鎮静作用
・滑石(カッセキ)  消炎作用・利尿作用

五淋散の効果


・頻尿
・排尿痛
・残尿感

五淋散を市販で購入する方法

五淋散は市販でも販売しています。

煎じるタイプとエキス錠が販売しています。

エキス錠の方が飲みやすく、一般的に服用されています。

有名なのは小林製薬のボーコレンです。ボーコレンは五淋散のエキス錠です。

テレビのCMでもやっているし、薬局やドラグストアでは目立つ所に置いてあることが多いです。

小太郎漢方製薬(コタロー)からボーラックという五淋散エキス錠も発売されています。

近所の薬局やドラッグストアで販売しています。

万が一、販売していない場合は楽天やアマゾンなどの通販サイトで購入することができます。

五淋散を病院で処方してもらう方法

五淋散は市販品以外に医療用の五淋散が入手することもできます。

医療用の五淋散は市販品と比べて、濃度が濃いと言われています。

ツムラや東洋から発売されています。お医者様に相談してみるといいと思います。

病院によっては処方してくれない病院があるかもしれないので、事前に電話で確認しておいたらいいかもしれません。

もし、慢性の膀胱炎に悩んでいる方、抗生物質が効かなくなった方がいたら、一度、五淋散を試してみたらいいかと思います。

(埼玉県 みなとさん)

>>医療用の五淋散の購入はこちら




出血性膀胱炎の対処法

膀胱炎は、主に尿の我慢のしすぎで起こることが多く、また女性は尿道が短いので逆行性感染が原因になることがあります。

これらの原因から膀胱内にばい菌が増えてしまったために起こり、大人も子供も比較的かかりやすいと思います。

膀胱炎の症状は、尿が濁ったり、残尿感、頻尿、出血があります。

トイレに行ってもすぐに行きたい感じがして、尿をすると血が混ざっているという状態です。また、痛みを伴う場合もあります。

膀胱炎がひどくなると、腎盂腎炎を起こすことがあるため、一般的には病院受診をして抗生剤を服薬することとなりますが、今回は自然治癒の方法をご紹介したいと思います。

まず、出血性膀胱炎の症状があったら、膀胱内に増えた細菌を効率よく洗い流す必要があります。

腎臓、心臓の機能が正常な方は、水分を大量に摂取し、尿を外に出すことが一番です。
膀胱炎には間質性膀胱炎、急性膀胱炎、慢性膀胱炎、出血性膀胱炎があります。膀胱炎は膀胱に炎症が見られる状態で、その症状には頻尿、膀胱の痛み、残尿感、尿の白濁、出血などがあります。出血性膀胱炎は膀胱炎の症状の中で尿と共に出血があるもので、子供がかかりやすい病気です。

出血性膀胱炎になる原因は今の所3つとされています。

細菌感染が原因

出血性膀胱炎は子供がなりやすいとされていますが、特に多いのは膀胱が細菌に感染する事が原因でなるケースです。体力の低下や過度なダイエットが原因で抵抗力が落ちると、尿の中に含まれている細菌に感染して膀胱の細菌を増やす事になり、膀胱炎になります。膀胱炎の原因となる細菌の大半は大腸菌だと言われていますが、アデノウイルスやBKウイルスの可能性もあります。別の病気が隠れているかもしれないので自分で勝手に診断せず、泌尿器科に行って確認する事が必要です。

過去の放射線治療が原因

以前病気の治療などで放射線治療をしていた場合、後遺症と診断される時があります。診療時に過去の治療内容を詳しく説明する事が大切です。

薬物が原因

喘息やがんの治療で処方される医薬品による出血性膀胱炎がありますが、原因となる医薬品の種類は多数で、抗がん剤や抗アレルギー薬、漢方薬などがあります。治療時に出血性膀胱炎にならないための処方をするので、全ての薬品が原因ではありません。

別の病気が原因

出血性膀胱炎は別の病気が隠れている場合があります。膀胱がんや子宮がん、尿路や尿道に結石がある場合や糖尿病、腎臓病、性感染症が原因の可能性があるので治療する事が大切です。ちゃんと検査をして、原因をはっきりさせましょう。

出血性膀胱炎になった時の対処法は次の通りです。

ウイルスが原因の時はこまめに水分補給をし、排出する量を増やします。
尿と一緒にウイルスを排出出来るようにすると良いでしょう。
10日ほどで自然治癒します。

薬剤が原因の場合は、薬剤の使用を中止する事が解決策です。
どうしても薬剤を使いたい場合はウイルスが原因の場合と同じように水分補給量を増やし、排出するようにしましょう。

膀胱炎にならないための日常生活

トイレを我慢しない

職場や学校で就業や授業の最中だったりすると、トイレに行くのが憚られる時がありますが、我慢せず行きたい時に行くのが膀胱炎予防になります。出血性膀胱炎は膀胱炎が悪化した症状ですが、トイレに行って細菌を尿と一緒に排出した方が、膀胱炎を予防する事につながります。行きたくなった時は速やかに実行しましょう。

休憩時間を設ける

身体に疲れが残っていると病気に罹りやすくなります。風邪をひいたりストレスや睡眠不足だと抵抗力がないので、ウイルスが侵入しやすくなります。きちんと休憩をとって体の疲れがない状態にした方が、ウイルスの侵入を防ぐ事が出来ます。

局部を清潔に保つ

膀胱炎にならないようにするには局部を清潔な状態に保つ事も大切です。月経時や性行為の前後は、外陰部を中心にきれいに洗浄しましょう。トイレで排尿や排便した後に、前から後ろに向かって局部を拭くように注意すると良いでしょう。月経やおりもの対策でショーツに生理用品やシートを装着する場合は、トイレに行った時にこまめの交換をすると、清潔な状態を保つ事が出来ます。

下腹部を温める

体を冷やすと、血液の循環が滞るので代謝が落ちて膀胱炎になりやすくなります。下腹部に腹巻を装着したり冷たい物を飲まないようにして、体が冷えないように工夫すると良いでしょう。

食生活に注意する

膀胱炎を予防するためには、毎日の食生活に利尿作用がある食品や炎症鎮静作用がある食品を取り入れると効果が期待出来ます。
サポニンが含まれる豆類、ルチンが含まれるそば、タンニンが含まれるブルーベリーやれんこん、EPAが含まれるマグロやブリなどが効果があるとされているので、栄養のバランスを考えて摂りましょう。

参考サイト

http://www.shoku-do.jp/ecorecipe/boukouen/index.html

http://www.skincare-univ.com/article/005450/

膀胱炎?頻尿や排尿時の痛みが気になったら

http://www.yokahan.com/007/000049.html




強い残尿感は急性膀胱炎のサインかもしれません。

尿意を感じてトイレに行ったのに、どうにも「まだ尿が残っている」嫌な感覚が下腹からとれない。

それに加えて何となく・あるいははっきりとしたお腹の痛みもある…。

初めて経験する方にはわかりにくいのですが、こういった強い残尿感ははっきり、急性膀胱炎の症状です。

しかもかなり炎症が進行している状況だと思えますので、すぐさま医療機関を受診しましょう。

専門医を所望するなら泌尿器科へ。

また、内科や婦人科でも対処してもらえますし、お子さんなら小児科へ行きましょう。

かかりつけの一般医がいるなら、もちろんそこへ相談しても大丈夫です。

膀胱の炎症を抑えるための抗生物質投与などが必要なので、薬局で相談するよりもまずは、医師に診てもらう方をおすすめします。

その際に指導されることでもありますが、普段以上にしっかりと水分をとるようにして下さい。

水やお茶(カフェインを強く含むものは避けて)、スポーツドリンクなどがおすすめです。

欧米では、クランベリーのジュースが特に薬効があるとして伝統的に用いられています。

ジュースでなくても、水を多めに飲みながら乾燥クランベリーを数粒よく噛んで食べる、という手法でも有効です。

残尿感を伴う急性膀胱炎は、こういった対策をとれば数日間でほぼ完治するのですが、厄介なことに再発するケースが非常に多い病気です。
特に寒い季節、女性には繰り返し起こる持病になりがちなので気を付けましょう。

少しでも残尿感を感じた際には多くの水分を補給し、軽度ならばサプリメントや市販薬、漢方薬など薬局・ドラッグストアで購入できるもので対策をします。

排尿のリズムをこまめにとり、しっかりと休養をとることも基本的に大切なことですから、通常生活から意識して習慣づけたいですね。

(海外(フランス) KTさん)




女性の残尿感の治し方!

排尿を済ませた直後なのにまだ入っているような感じがする、トイレに行ったばかりなのにまた行きたい、女性にそんな残尿感を与える原因は主に3つあります。

膀胱炎
骨盤性器脱(こつばんせいきだつ)
神経因性膀胱

です。

残尿感の原因が変わればその対処法も変わってくるものですので、症状から原因を特定し、適切な対処を行うようにしましょう。

膀胱炎の原因は主に大腸菌 病院に行って抗生物質を処方してもらいましょう。

女性の残尿感の原因の大半を占める膀胱炎は、大腸菌やブドウ球菌などの細菌が尿道を通って膀胱まで入り込み、膀胱内で繁殖をした結果、膀胱が炎症を起こしている状態です。

排尿を済ませて膀胱内は空になっているのに、膀胱が炎症を起こして腫れているため、まだ尿が溜まっているかのような錯覚を起こしてしまいます。

尿が溜まっているからトイレに行きたくなる訳ではないので、水分の摂取量を控えたところで、残尿感や頻尿を抑える事はできません。

むしろ膀胱内に増えすぎた細菌を洗い流すためにも、水分はたっぷりと摂取し、尿量を増やした方が回復は早くなります。

一番確実なのは、医療機関を受診し、抗生物質を処方してもらう事です。

クラビットやフロモックスが良く処方されます。

一般的にはクラビットの方が良く効くと思います。

仕事をしていたり育児中の方は、なかなか病院に行く時間も取れないものですよね。

どうしても時間がとれない方は海外の個人輸入でクラビットのジェネリックを購入するという方法もあります。

>>クラビットの個人輸入サイトはこちら

大腸菌が主な原因だからと言って、陰部を石けんで必要以上に洗うのもあまり良い事ではありません。

清潔な下着を身に着け、排便後は前から後ろに向かって拭き、入浴時には流水を使って洗うようにしましょう。

膀胱炎の市販薬には腎仙散、ボーコレン(五淋散エキス)、猪苓湯などの漢方薬があります。

クランベリーには膀胱内の細菌を減らす作用がありますので、クランベリージャムやジュース、サプリを活用している方もいます。

わたしは残尿感の予防のためにDHCのクランベリーサプリメントを飲んでいます。

クランベリーサプリメントは外国製の高価なものもあり、高価な方が効くかなと思いましたが、DHCのクランベリーサプリメントも同じくらい効きました。

骨盤性器脱の原因と治し方

骨盤性器脱とは、膀胱や直腸など、骨盤内にある臓器が下にさがってしまっている状態です。

垂れ下がった臓器の重みで膀胱が圧迫され、残尿感や頻尿、尿失禁を起こしてしまいます。

残尿感があると、どうしても最後まで尿を出しきろうとして、トイレで尿を絞り出そうとしてしまいがちですが、その力みが益々臓器をさげる原因となりますので、トイレで頑張りすぎないようにしましょう。

筋力の低下、力仕事、慢性的な咳、肥満、便秘は骨盤性器脱を進行させますので、まずは原因を取り除く努力をしましょう。

骨盤性器脱の症状を軽減させるためには、骨盤底筋群を鍛える事が効果的です。

立っている時でも座っている時でも構いませんので、気が付いたときに、肛門をキュッと締めて緩めてを繰り返し、骨盤底筋群を鍛えましょう。

また、トイレに行きたいと思っても、ちょっとだけ我慢をするというのも良いですよ。

神経因性膀胱の場合は病院へ

心因性膀胱とは、病気や怪我が元となり、脳や神経に損傷が起こり、うまく排尿が行われなくなっている状態です。

原因となる疾患は数多く存在しますが、脳梗塞・痴呆・脳卒中・パーキンソン病・脊髄損傷など、重篤な疾患が原因となる場合が多いので、早急に医療機関を受診するようにしましょう。

女性の残尿感の治し方のまとめ

残尿感や頻尿を抑えたいからと言って水分量を減らすのは、膀胱炎を長引かせ、却って尿トラブルを悪化させる原因となります。

水分摂取は適切に行いましょう。

筋肉のゆるみは臓器をたるませ、尿トラブルの元となります。

尿を出しきろうと頑張り過ぎたり、便秘や力仕事など、腹圧を掛け過ぎるのも同様です。

骨盤周辺にある骨盤底筋群を鍛えて臓器の落下を防ぎましょう。




膀胱炎の自然治癒方法

私は、初めて膀胱炎になった時にはすごく苦しみました。

それで、病院に行って抗生物質など薬をもらって治りました。

だから、次に膀胱炎の初期症状が出た時にはなったとすぐ分かりました。

排尿時の違和感です。

それで、病院に行きたくなかったのですぐに家で対処して自然治癒で治しました。

水分を十分に補給する

その方法は、やはり水分補給が何より大事です。

そして、トイレに何度も行って出します。

絶対にトイレは我慢はしません。

利尿作用のある飲み物を飲む

確かに排尿時の痛みがあるとトイレを我慢したくなってはきますが、そんな事すると悪化するため利尿作用がある飲み物を積極的に飲みます。
それだけでも、おしっこで細菌を流せるので効果的です。

膀胱の細菌が全てなくなるまで続ける気持ちで頑張ります。

水分は、いつもよりかなり多めに、でもちびちび飲むのが大事なんです。

体を冷やさない・体を温める

飲み物はあまり冷たいものでなく常温にすると更に良いです。

身体も冷やさない方が良いですから。

後は冷えないようにカイロなど使ったり毛布でくるんでお腹周りを暖めて、ゆったり過ごします。

夏でも冷房は入れすぎないことも必要です。

クランベリージュースが効果がある。

そして、飲むものはクランベリージュースも膀胱炎に効果があるというので私はペットボトルのものを家には常備してます。

クランベリージュースが苦手な方にはクランベリーのサプリメントがありますので、そちらを常備しておくといいと思います。

ストレスを感じないように休む

ストレスの少ないように過ごしたり疲れていたら横になります。

冷えない食べ物を食べる。

もちろん食べ物も、冷えないように温かい食べ物を口にします。
風邪ひいた時とあまり変わりません。

免疫力を低下させないようにする。

多めに水分を摂る事以外は、ストレスのないように過ごし、ビタミンなどのサプリメントを飲んだりしてゆっくり身体を休ませます。
膀胱炎は免疫力が低下しているから起こるので、まずは何より身体を回復させる事を考えます。

私の場合は足腰を暖めて横になり、自分の身体の疲れを癒す事を意識しながら、ちびちびと水分を取って頻繁にトイレに行く、それでもう1日で治りました。

これは初期の膀胱炎だから治せたのだと思うので、膀胱炎にかかったなと思ったら、できるだけ早めに病院に行って、医師に相談するのが良いと思います。




サブコンテンツ

このページの先頭へ