膀胱炎になってしまったらやっている3つのこと。

膀胱炎になると、患部に痛みがあり、残尿感が出てきたりします。

膀胱炎の原因

膀胱炎は細菌が原因で起こる病気です。

寒い冬の時期は特に、お腹が冷えて、体温が下がり、細菌が繁殖しやすくなります。

夏場でもクーラーや扇風機などで、お腹を冷やしすぎると、膀胱炎になることがあります。

患部を清潔にして、お腹を冷やさないようにすることが大切です。

膀胱炎の症状が軽い場合は、自分で治すことができます。

膀胱炎の対処法1 水分を多くとること

もし膀胱炎になってしまったら、患部を清潔にする他、水分を多く摂り、膀胱から水分を多く排出することにより、細菌を早めに外に流してしまうことが大切です。

膀胱炎の対処法2 お腹を温めること

そして、お腹を温め、細菌が発生しにくい環境にしてあげます。

膀胱炎の対処法3 早めの処置

膀胱炎になりそうだな、と思ったら、早めに処置をしてあげることで、症状がひどくなる前に、治すことができます。

この3つのことを行うだけで、症状が軽い場合は、膀胱炎が治ってしまうこともあります。

これでも良くならずに、痛みなどの症状がひどい時は、専門医に相談した方が良いでしょう。

膀胱炎は急性の場合もありますが、慢性化してしまうこともあります。

また膀胱炎は、さまざまな原因が引き金となっている場合があります。

膀胱炎の症状が長引くようなら、専門医に相談することをお勧めします。

(新潟県 えすびさん)

【人気記事】ネットで調べた膀胱炎の薬ランキング




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ